TOP >  学校案内 >  ごあいさつ


ごあいさつ

ごあいさつ

理事長挨拶

長野医療衛生専門学校理事長 成田守夫
長野医療衛生専門学校 理事長 成田守夫  現在、中央教育審議会では、実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化について、職業人を育成する大学構想が出てきております。以前からドイツでは社会的地位が認められているマイスター制度が知られておりますが、そのせいか、ドイツでは競争力を保つため、国ぐるみのものづくり改革が始まっていると伺いました。一方日本の改革は主として「企業単位」で、競争力を保つための国レベルの取り組みは今後の課題となっています。本校と本法人は、平成28年度、創立20周年を迎えます。

 この記念すべき年に冒頭の、国の新たな高等教育機関の創設に関与しつつ、本校の全学科は「職業実践専門課程」の認定を受け、社会の期待に沿う高等教育機関として、地方から職業教育の改革を推進する為に、矢継ぎ早に挑戦を続けております。

 本校で学ぼうとする皆さんに希望することは、善事遂行に勇敢であって欲しい。青年と老人との区別は、単に年齢によるものではなく、善を為すに積極的であるか消極的であるかで決まるものと思う。青年であっても善事を為すに消極的ならば老人である。一方老人であっても善事を為すに積極的であるならば青年である。それ故に、本校の教育の目指す所は、進学者が社会人であっても、学卒者であっても、常に夢多き万年青年であって欲しいと思います。医療分野で社会貢献しようとする皆さんにこそ、本校の建学精神を自ら体現し品位を高め、世界に飛翔してくれることを願います。

 又、本校は職業教育機関として20年の歴史がありますが、昭和49年創立の私塾としての42年の教養教育の歴史を継承しています。

 学生を見守る教育の源流は、叡智のある人間即ち分別判断のある人間を養成する所であることは千古の名言であると思います。叡智のある人は智職の本流・基本を学んだ人を言うとすると、皆さんには、他力本願ではなく、自己の力にたより、自分の進路を自ら拓き、自ら耕す日々を過ごして欲しいと思います。本校で学ぼうとする皆さんと共に、学びある日々を心より楽しみに致しております。

校長挨拶

長野医療衛生専門学校校長 高木房雄
長野医療衛生専門学校 校長 高木房雄 今年のNHK大河ドラマ「真田丸」の舞台、「上田城」に近く、JR上田駅より徒歩5分の地に今年度創立20周年を迎える長野医療衛生専門学校があります。歯科衛生士学科(DH)、言語聴覚士学科(ST)、音楽療法士学科(MT)の3つの学科を設置しており、いずれも、今や、少子高齢化を迎えた我が国に最も必要とされる医療人の育成を目的とした学校です。

 DHでは、3年間、歯と口腔の健康管理に必要な予防措置・診療補助・保健指導の3領域に関わることを学び、専門士と国家試験受験資格を得られます。

 STでは、言語・音声・聴覚・摂食・嚥下機能等に障害のある人に対して、その機能回復を図る方法を4年間学び、大学院受験資格を持つ高度専門士と国家試験受験資格を得られます。

 MTでは、3年間かけて、障害のある方だけでなく健康な方にも、音楽のもつ力を活用して、心身の機能回復を図る音楽療法技術を修得し、音楽療法学による専門士と音楽療法士補受験資格が得られます。

 3学科の卒業生は、それぞれの試験に合格し、全国各地の病院・施設・行政で活躍しています。

 本校の3学科とも平成27年2月には、文部科学省が制定する「職業実践専門課程」の認定をいただきました。これは多くの専門学校の中で、特に、企業・病院・施設等との連携を活用し、より実践的な教育を推し進め、自己評価・外部評価を基本とした教育改善を実行し、その結果を公表していくという高いレベルのものを実施できていることを認められたものです。

 また、社会人が、もう一度学び直して新たな技術・資格を得て、新たな職場で活躍したい場合、仕事を中断して学ぶ期間は相応の額が給付されるという「教育訓練給付金制度」も厚生労働省から本校歯科衛生士学科に認定されています。

 本校には、大きな夢があります。それは、本校を将来、従来の「学究的大学」に対向できる「専門職業大学」にしたいという夢です。これは本校建学の精神「自主・愛・至誠」を胸に、学校職員全員一丸となり、医療という大きな社会貢献のできる優秀な人材を育成していくことに他なりません。夢は実現させる為にあるのです。安心して暮らせる社会・平和で笑顔あふれる世界を目指し、医療に少しでも興味・関心のある方は、私たちと共に「夢」の実現に向かって歩み始めませんか。
先輩インタビュー
在校生や卒業生の皆さんのインタビューを集めました。
学校生活の様子や、卒業後の職場の体験談などとても参考になるコメントが盛りだくさん。ぜひご覧ください。
体験入学について
まずは学校に来て、その雰囲気を肌で感じてください。
やさしい先輩やたのもしい先生のアドバイスがきっとあなたの役に立ちます。