学校要覧

建学の精神

一、自主: 医療・福祉に関する知識・技術 自らの意で修め技術を磨く
二、愛 :医療・福祉の道を志す者として、恵愛の心を耕す
三、至誠:医療・福祉に関する責務の誠実な在り方を究める

教育目標

医療・福祉に携わる者として、優れた専門性と豊かな人間性を兼ね備えた学生を育成する
そのため
1. 自己研鑽に励む優れた教職員が、充実した施設・設備を駆使して、学生の期待に応えるための専門教育を展開する
2. 学生が自ら学び共に磨くことを大切にしながら、基礎・基本の確実な定着と実戦的態度の向上を図り、医療・福祉のスペシャリストを養成する
3. 疾病や障害を持つ人々の治療や指導、心のケアを担当する医療・福祉スタッフの一員として、優しい心で真心を尽くすことができる学生を養成する

3つのポリシー

1. 入学者受け入れの方針(アドミッションポリシー)

本学は、優れた専門性と豊かな人間性を兼ね備えた学生を育成することを教育目標としており、次のような素養を備えた学生を求めます。

求める学生像
  1. 医療・福祉分野に関する専門的な知識や技術を修得するために、自発的・意欲的に学び、専門職としての役割を果たそうとする明確な目的意識をもっている者
  2. 積極的に社会に関わり、様々な立場の人に対して個性を尊重し、興味・関心を持って温かく接することのできる高い倫理観をもっている者
  3. 日々、進歩する医療・福祉分野に適用していくために、自ら進んで課題を探求し、柔軟な思考力と判断力で解決しようとするチャレンジ精神をもっている者
2. 教育課程・実施の方針(カリキュラムポリシー)
  1. 本学は、医療・福祉に携わる者として、優れた専門性と豊かな人間性を兼ね備えた学生を育成することを教育理念とし、学科の教育上の目的を達成するために必要な授業科目や臨床実習を開設し、体系的な教育課程を編成します。
  2. 本学が設置する学科は、それぞれの専門分野に関する高度な知識及び技術を教授・研究し、歯科医院や病院、医療関係施設等の実習施設と連携した教育課程の編成を行うことにより、医療人として受容的な態度をもち、適切な技術と患者様ひとりひとりのニーズを理解し支援できる優れた専門士及び高度専門士を育成します。
3. 卒業認定・専門士・高度専門士の称号授与の方針(ディプロマポリシー)

本学が定める単位を修得し卒業が認められ、歯科衛生・言語聴覚・音楽療法の基盤となる優れた専門性をもち、臨床現場で創造的に実践する確かな技術力や、思いやりの心をもつ豊かな人間性を備えたと認められる者に、専門士及び高度専門士の称号を授与します。

卒業時に取得できる資格

卒業に必要な単位を修得することで、下記の国家試験・学会試験の受験資格が得られます。

  • 歯科衛生士国家試験受験資格
  • 言語聴覚士国家試験受験資格
  • 日本音楽療法学会認定音楽療法士(補)資格試験受験資格

沿革

1997年(平成9年) 3月 学校法人成田会 許可
4月 上田歯科衛生専門学校(歯科衛生士学科2年制)を開校
1998年(平成10年) 4月 系列校「国際高等学院長野校」開校
2000年(平成12年) 8月 訪問介護員研修事業所(2級)指定
2001年(平成13年) 4月 校名を長野医療衛生専門学校に改称
言語聴覚士学科(4年制)開設
2002年(平成14年) 3月 学生寮「ハイツヒポクラテス(上田市中央)」竣工
4月 音楽療法士学科(3年制)開設
2005年(平成17年) 9月 言語聴覚士学科に文部科学大臣より「高度専門士」称号の指定を受ける
2006年(平成18年) 4月 長野救命医療専門学校(救急救命士学科3年制・柔道整復師学科3年制)を開校
11月 長野医療衛生専門学校創立10周年記念式典挙行
2008年(平成20年)
12月
就職支援室 開設(現在の歯科衛生士学科2号館)
2010年(平成22年) 3月 学生寮「大志寮(上田市大屋)」入寮開始
4月 歯科衛生士学科2年制から3年制へ移行
2011年(平成23年)
11月
学校法人設立15周年記念事業
2013年(平成25年) 4月 学生寮「秋和白花寮(上田市秋和)」入寮開始
11月 教育課程編成委員会設置
2014年(平成26年) 2月 学校関係者評価委員会設置
4月 放送大学との連携開始
10月 厚生労働省 教育訓練給付金制度「専門実践教育訓練講座」の指定を受ける(歯科衛生士学科)
2015年(平成27年) 2月 文部科学大臣より「職業実践専門課程」を全学科で認定を受ける
10月 長野救命医療専門学校設立10周年記念式典を挙行
2016年(平成28年) 4月 長野医療衛生専門学校設立20周年記念式典を挙行