TOP >  先輩のコメント


先輩のコメント

歯科衛生士学科

歯科衛生士学科2年 久保晴佳

「人に貢献したい」という気持ちから歯科衛生士になろうと決めました

○クラスの仲が良く、質問しやすい雰囲気です

 「人に貢献したい」という気持ちから歯科衛生士になろうと決めました。国家試験の合格率の高さや、オープンキャンパスで先生と学生の仲の良さを見て、本校に進学を決めました。学校が家から通える場所にあったのも良かったです。
 実際に学校に通い始めてみても、クラスの仲は良いですし、わからないことがあったら先生に気軽に聞ける雰囲気もあります。勉強とアルバイトの両立はなかなか大変ですが、国家試験合格にむけて仲間と頑張っています。

○患者さんと接する意識を普段から心がけています

 実技の時間に、先生から患者さんに対する言葉遣いを意識するように言われたことが印象に残っています。歯科衛生士は患者さんとのコミュニケーションが必要な仕事なので、実技の時間だけでなく、日常生活から意識して話すように心がけています。授業の中では、放射線学が学んでいてとても楽しいです。
 2年制からは臨床実習が始まります。普段からできることを意識しながら、国家試験の勉強と合わせて頑張っていきたいです。

活躍する卒業生 歯科衛生士 小林可奈

学生同士で切磋琢磨したおかげで国家試験全員合格!

○幼いころに接した歯科衛生士に憧れて

 自分が担当した患者さんのお口の状態が改善されたり、患者さん御自身がお口の中がきれいになって嬉しいと喜んでくれたときは、衛生士になって本当によかったと思います。
 幼い頃から歯科医院に通う機会が多く、そこで見た歯科衛生士の姿が強く印象に残っています。誰でも治療の際は不安になるものですが、その歯科衛生士さんはとても優しく接してくださり、いつも安心して治療を受けることができました。私もあの時の歯科衛生士さんのように安心を与えられ、喜んでもらえる存在になりたいと思い歯科衛生士をめざす道を選択しました。
 学校生活では、全員が「国家試験全員合格」を目標として日々励まし合いながら勉強していました。とても大変な毎日でしたが、努力して掴み取った資格は特別でした。長野医療衛生専門学校は、医療・福祉のスペシャリストを目指す学生ばかりなので、学生同士で切磋琢磨できたのは、とてもよかったです。

○知識や技術は患者さんのためにある

 働き始めたころは、初めてのことばかりで勉強の毎日でしたが、得た技術や知識が患者さんの健康の役に立ち、喜んで頂けたときにやりがいを感じます。私たち歯科衛生士の仕事は一生を通して口から美味しいものが食べられるように、たくさんの人の健康を守る一翼を担う大切な仕事です。多くの学生さんに興味を持ってもらえたら嬉しいです。
 将来は、患者さんとフレンドリーな関係を築きながらも信頼される歯科衛生士になるのが目標です。

言語聴覚士学科

言語聴覚士学科2年 依田華

「話す・聞く・食べる・聴く」のしっかりとした知識を身につけたい

○普段当たり前にできていることができなくなってしまったら・・・

 普段何気なく行っている「話す・聞く・食べる・聴く」ということが困難になってしまったら、と考えた時、しっかりと知識を身につけたい、と思い言語聴覚士を目指すことに決めました。本校の言語聴覚士学科は4年制のため、3年制の学校と比べて、落ち着いたペースで勉強ができると思い進学を決めました。言語聴覚士の試験は、科目が多く試験範囲も広いので、広く深く勉強するのが大変ですが、授業でわからないことは理解できるまで教えていただけました。先輩からは勉強方法や普段の生活についてアドバイスをいただき、とても助かっています。

○国家試験合格を目指して、まずは基礎を固めていきたい

 言語発達の授業で、今まで学んだことをまとめる際に「要点をおさえることが大切」と言われたことが印象に残っています。簡単そうに思えることですが、考えを要約したり、それを相手に伝えることは、意識してやろうとするとなかなか難しいです。
 今後はまず国家試験に合格できるように、基礎を固めていきたいです。そしてゆくゆくは、患者様に必要とされる人になりたいです。

活躍する卒業生 言語聴覚士 池上俊作

伝えたいことが伝わった時の笑顔がとても嬉しい

○吃音がきっかけで言語聴覚士の道へ。

 私には吃音があるのですが、吃音に関わる言語聴覚士という職業があることを知り、当事者ならではの視点で患者様と関わることができたらとの思いから、言語聴覚士を目指す道を選びました。
 学生の頃は、資格取得という同じ目標を目指す友人たちと勉強のことについて話し合ったり、励まし合ったりしながら過ごしました。同じ目標を持つ仲間と時間を共有できたことは、今の自分・仕事に影響していると思います。先生には気づきを大切に、と教えられましたが、今の仕事は気づきの連続だと感じます。

○人の生き甲斐の根幹に関わる仕事

 言語聴覚士は人の生死に直結する嚥下障害に関わります。その中で患者様の死を目の当たりにすることもあり、もっと良い対応ができたのではないかと自問自答し、力不足を痛感することがあります。その一方で、嚥下障害を克服し、おいしい!といって笑顔で食事する姿や、コミュニケーション障害のリハビリで、伝えたいことが伝わり患者様に笑顔が見られた時などは、この仕事をやっていてよかったなと思います。成功体験だけでなく、失敗や回り道も貴重な経験です。是非いろんな挑戦をしてみてください。
 言語聴覚士は嚥下とコミュニケーションという人の生き甲斐の根幹になる部分の確立を目指します。そんな、人として重要な部分に携われるところにやりがいを感じています。

音楽療法士学科

音楽療法士学科2年 藤田琴

勤務先の病院で音楽療法と出会い、音楽療法の道へ

○好きな音楽を仕事に活かせることが、とても魅力でした

 もともと看護師をしており、勤務先の病院で音楽療法の本を見つけたことが、音楽療法との出会いでした。幼いころから音楽が好きだったので、自分の好きなことを医療・福祉の現場で活かすことができるのは、とても魅力的でした。仕事を辞めて学校に入り直すのは勇気のいることでしたが、音楽療法士になりたいという思いが強く、入学することに決まました。

○誰にでも心から寄り添う関わる大切さを学んでいます

 本校に入学して出会ったたくさんの人から日々刺激を受けています。中でも担任の先生の、クライアントの方に対して一人一人心から寄り添って関わる姿がとても印象に残っています。学生のことを一番に考えてくれますし、誰とでも丁寧に向き合う姿勢から日々学ばせていただいています。先生のような愛にあふれた音楽療法士になりたいです。
 現在、低出生体重児を対象にした音楽療法に特に興味を持っています。日本では現状ほとんど行われていませんが、看護師の経験を活かしながら、低出生体重児への音楽療法の発展に少しでも貢献できればと思っています。

活躍する卒業生 音楽療法士・介護士 赤地友里

音楽はコミュニケーションのひとつと感じています

○音楽が、言葉のような存在に感じた

 高校で福祉科を卒業したのですが、自分の好きな音楽を活かせる仕事であり、誰かを幸せにできる仕事として音楽療法士を選びました。幼いころにピアノを習っていた先生が音楽療法士で、その先生の影響もあり、音楽療法士の仕事に魅力を感じました。
 言葉のやり取りが難しい方にとって、音楽はコミュニケーションのひとつとして存在している、と学生の頃の実習やボランティアを通して感じました。学生たちで作り上げる定期演奏会や卒業論文の発表は大変ながらも、人生を豊かにしてくれました。

○音楽療法は自分の癒しにもつながる

 音楽療法士は音楽の専門家でいることが大事だと思っています。既存の曲を対象者に合わせて弾くような、現場での対応力が求められます。その点はまだまだ未熟なので、今後の課題です。
 普段は介護士として働いている中で、月に1・2回の音楽療法は、スキルアップと共に自分の癒しの時間にもつながっています。歌を歌っているときの利用者の顔や表情を見ることが、自分へのエネルギーになっていると感じますし、私のことを音楽をやる先生と覚えてくださる利用者が増えていくことに喜びを感じると共に、それが励みにもなっています。今後は自分自身のための音楽活動をしながら、アロマテラピーなど、リラクゼーション効果のある他分野と音楽療法を合わせた活動もしていきたいと思っています。
先輩インタビュー
在校生や卒業生の皆さんのインタビューを集めました。
学校生活の様子や、卒業後の職場の体験談などとても参考になるコメントが盛りだくさん。ぜひご覧ください。
体験入学について
まずは学校に来て、その雰囲気を肌で感じてください。
やさしい先輩やたのもしい先生のアドバイスがきっとあなたの役に立ちます。